コース案内
ホーム
学院紹介
コース案内
奨学金制度
課外活動
学生寮
アルバイト
アクセス
Facebook Skype QQ

進学コース

大学院・大学・専門学校への進学を目指す方へ

認定コース 修業期間 学費 入学時期
進学コース1月 1年3か月 \972,000 1月
進学コース4月 2年 \1,404,000 4月
進学コース7月 1年9か月 \1,260,000 7月
進学コース10月 1年6か月 \1,116,000 10月



コースと学習レベル及びその構成と基準

4月期生の場合 初級(6か月)
1日4時限(週20時間)
中級(6か月)
1日4時限(週20時間)
上級(6か月)
1日4時限(週20時間)
超級(6か月)
1日4時限(週20時間)
学習レベル 日本語能力試験N3レベル 日本語能力試験N2レベル 日本語能力試験N1レベル 日本語能力試験N1以上
学習構成文字・語彙
文型練習
読解
文法
聴解
作文
発話トレーニング
日本語能力試験N3対策
文字・語彙
読解
聴解・聴読解
作文・記述・小論文Ⅰ
会話・発表トレーニング
日本留学試験対策
日本語能力試験N2対策
大学面接試験トレーニング
文字・語彙
読解
聴解・聴読解
作文・記述・小論文Ⅱ
会話・発表トレーニング
日本留学試験対策
日本語能力試験N1対策
大学面接試験トレーニング
文字・語彙
読解
聴解・聴読解
作文・記述・小論文Ⅱ
会話・発表トレーニング
日本留学試験対策
日本語能力試験N1対策
大学面接試験トレーニング
学習基準(日本語能力試験公式サイトより抜粋) 基本的な文法・漢字(300字程度)・語彙(1500語程度)を習得し、日常会話ができ、簡単な文章が読み書きできる能力 やや高度の文法・漢字(1000字程度)・語彙(6000語程度)を取得し、一般のことがらについて、会話ができ、読み書きができる能力 高度の文法・漢字(2000字程度)・語彙(10000語程度)を習得し、社会生活する上で必要な、総合的な日本語能力 超高度の文法・漢字(2000字以上)・語彙(10000語以上)を習得し、進学後に必要なアクデミックな日本語能力



コース進度と日本留学試験時期(例)




短期コース

入学資格

 日本に滞在するビザをお持ちの方
 ・永住者ビザの方、家族滞在ビザの方、日本人配偶者の方
 ・ワーキングホリデービザの方
 ・短期滞在ビザで来日予定の方
 ・その他日本語学校で学ぶことができるビザの方


入学時期

随時入学可能


授業時間

月曜日~金曜日 9:10~12:40


短期コースの注意点

・学費に関する事項
(1)授業料は日数単位で支払います。
(2)授業料は一括で申請する日数で支払う料金が異なります。5日~49日分を一括申請した場合は2,300円/1日、50日~99日分を一括申請した場合は2000円/1日、100日分以上を一括申請した場合は1800円/1日になります。※学費一覧参照
(3)授業料を支払った日数に関しては有効期限を定めません。
(4)授業料は授業に相当する日数を計算するものであり、あらかじめ定められている学校行事は授業料に含めません(入学式・卒業式・課外活動等)。突発的に行う学校行事もこれに含めません。
(5)納入された授業料はいかなる理由があっても一切返金しません。授業日数が申請日数より下回った場合も同様です。ただし、人道的立場から学校側が返金の必要性があると判断した場合に限り返金に応じます。
(6)短期コースの学生が学校行事に参加する場合は、一切の費用を自己負担とします。

・その他に関する事項
(1)短期コースの学生は学生証の発行を申請することができます。費用は1500円です。
(2)短期コースの学生は学校の施設(図書室・自習室・PC室等)を利用することができます。
(3)指定の用紙に授業スケジュールを記入し、翌月分を25日までに事務に提出してください。一度記入した授業スケジュールは変更できません。
(4) 授業スケジュール提出時に、欠席する日を事務に申し出ることにより、授業の日数から外すことができます(長期帰国等事前にわかっている欠席の場合)。
(5)クラスのレベルが合わない場合には、教務に相談の上、クラスを変更することができます。


学費一覧

一括申請日数 5日~49日 50日~99日 100日以上
入学金 30,000円 30,000円 30,000円
授業料 2,300円/日 2,000円/日 1,800円/日





プライベートレッスン

授業時間

開講時間:月~金 10:00~17:00の間で、1日あたり1時間から3時間の授業時間を自分で設定します



学費に関する事項

(1)授業料は時間単位で計算します。

(2)授業料は3,000円/1時間になります。

(3)授業料は学生が記入した授業スケジュールを基に事務が翌月分を算出します。

(4)授業料は25日までに翌月分を支払います。

(5)納入された授業料はいかなる理由があっても一切返金しません。ただし、人道的立場から学校側が返金の必要性があると判断した場合に限り返金に応じます。

(6)プライベートレッスンの学生が学校行事に参加する場合は一切の費用を自己負担とします。


その他に関する事項

(1)プライベートレッスンの学生は学生証の発行を申請することができます。費用は1,500円です。

(2)プライベートレッスンの学生は学校の施設(図書室・自習室・PC室等)を利用することができます。

(3)学費納入時に指定の用紙に授業スケジュールを記入してください。一度記入した授業スケジュールは変更できません。

(4)プライベートレッスンは、授業をキャンセルすることができます。キャンセルした授業はキャンセルした授業の1週間以降に振り替えることができます。ただし、授業をキャンセルする場合には授業日の2日前17時までに学校に連絡しなければなりません(月曜日の授業の場合は金曜日の17時まで)。連絡がない場合は欠席となり振り替え授業は行いませんので注意してください。